読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

四不象・3

西遊記の話
blog36w

偽者との戦いは、個人戦ではない。

対峙した偽者の存在を認めるのが、個人ではなく第三者であるからで

他者の意識によって本物と偽者とは二分されてしまうワケだ。


個と、全体の戦いであるともとれようこの様子は

他者が個にパーソナリティを求める、という図式の体現ではあるまいか。

他所からかき集めた何かを思考し、取捨選択する事で個を形成しながら我々は成長するもの

場面によっては、マンネリズムにとらわれる事態にも出くわすもの。

しかし多くのマンネリズムは、そんな個を飲み込んでしまう怪物にもなりかねず、

個が、自我やパーソナリティを求める時、過去の自分は

"偽者"として目の前に立ちはだかる事があるかもしれない。


悟空が囚われた孤独感…

言葉は偽者たる自分に否定され、行動は偽者たる自身に制される。

制する事ができない思惑へのいらだちは

意思や意識の、移り変わりを表現した偶発的な感情なのかもしれないが、

明確な答えを見出せない事が、より孤独の深淵へと引きずり込んだのではあるまいか。


…単純に『偽者だとォ?! 野郎、鉄棒を喰らえ!引き回して面の皮をはいでやる!』

とかそんなノリで済ませてやるわ〜て気分なのかももも。

つづく。