読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

A L I E N

70daa814.jpg
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=18051649

昆虫(蟲)。

本来、蟲は羽虫に属するものだとされるが、ここはひとつ解釈を変えたい。

それは翅を、体毛を、鱗を、甲殻を持ち、万物に共通する裸をも経験している。

すべてに属しながらその全部を否定するシンメトリーを太古より保つ姿は

神秘を通り越した"得体の知れなさ"でその印象を、塗りたくる。


人はモノの規模を理解すべく「大きさ」という概念を作ったが、

今日に至って、目に見えないモノに対しての「大きさ」までは…どうなんでしょ

そういった目に見えないモノのニュアンスが、ひとつの個に凝縮されたのが

「蟲」なのでは…というかそういう事にしちゃった。


理解の限度を超える存在といえば「宇宙」!

果たしてそれは、はかれるモノなのか、存在すると表現すべきなのか〜と

これほど疑問で終わるのが相応しいモノもないだろうと感じる。

疑問や問いで終える事ができて、またそうすべきアレな事もままあるもんででで

そんなロジックの多くは、"心"や”意識”に由来するものだと。

蟲が持つ"得体の知れなさ"が、解釈というものを破棄するほど柔軟で

それを"意識のカタチ"であると表現すれば、ロジックはすんなり埋まった。


続く。