読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

武器と宝具・2

2adab404.jpg

何にしても名は体を表すものでして、

武器の形状も、銘に影響がでたりするもの。

どんな形で、どのように揮われ、どんな効果をもたらすのか

カタチそのものが脅威であればあるだけ

武器としての、密度はより濃いものになると思うワケですよ。


銘を冠ぜるまでもなく、西遊記に登場する武器はそれぞれ由緒あるもの

仮に好き勝手にモチーフを引っ張って来てキャラクタをつくれば、

得物にも縁を匂いわせてみたくなるのが親心。

サマになるかどうかを前提に、もにょもにょ描きだす。

基本的には、既存の武器を中国風に解釈して収めたいものの

キャラクターコンセプトに合わせて創作する場合もあり、

それはそれでまた楽しみ方のひとつかなと思うが

特定の「約束事」は守っておきたい。


お約束、悟空/如意棒、二朗神/二朗刀、牛魔王/混鉄棍…

などなど作中で「銘」があるっぽいモノ

これらはそのまま使いたく…というか、あんまり散らかしたくない

かと思えば、那咤は槍でなく槍っぽいモノに変えてみる

封神演義でもお馴染みの那咤三太子は、色んな武器を振り回す印象なので

ここは敢えて違うモノに〜

何と言うか、恐竜の皮膚の色を模索するように、

それは金属なのか、木なのか、石なのかはたまた未知の物質なのか、また、

五行配当はどうかなど可能な限り、発想の幅を広げたいもんです。


例によって、字体から間違った解釈をしたモノもあるワケですけども。