読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

異形・弐

89e18c49.jpg

哮天犬も二朗の一部、悟空もこの哮天犬に圧されて御用となった

哮天犬だけでなく、描写として鷹も連れてるとか読んだか聞いたかしたが

これらは主人と従者の関係ではなく、もともとひとつの存在を分割してできたのでは〜

とかとか薮睨み。

犬(狼族)と鷹(鷲)は、王者の意匠でありながら不吉の象徴としてのニッチでもあろう、

また、二朗神の治水の神としての側面が、何やら仄暗い一面を想起させる。


三ツ目は霊力の象徴、そして特定の理由への特色でもある、

しかし半神半人という彼の出生が、それら特徴を担うにしても

あまりに強烈すぎやしませんかなと。

世界中にある半神半人の英雄には、必ず異形の側面があるもので

二朗神もその中国代表みたいなポジションなんだろう、

なるほどそういう意味での異形ては、世界共通なワケだ。


人外との意思の疎通は、人ならざる業

そこでは意識と意識が混ざり合い、それはカタチを選ばないもの

えーとつまり、ごく個人的な事なんじゃないかなと。

そこに神だの異形だのが関わるとすれば、死や意識のような

目に見えない出来事のようなアレかなと!

二朗神自体が、死に直結するとは思わないが

犬のような動物と、鷹のような動物てのは、なんとなく死を想起させる、

エジプトのアヌビスとか北欧のフレスベルグとか?

英雄の異形が世界共通ならば、犬も鷹もそれらの属性を持っているのではあるまいか。


次回でおしまい。