読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

近づけば巻き添え必至の108難

29ad6262.jpg

全108難の西遊記、小さな事象から御仏の試練まで

因果応報偶然必然ひっくるめてなかなか幅広い。

それらは玄奘にふりかかる災難の数字、

妖怪変化とて、難を逃れる事はできないワケでして…


人も妖魔も仏も神も、この難と融合してゆく

黄風大王なんか、部下の勝手にぎゃぁあ!てなもんで

望みはしたものの、選んでない結果に「なんてことしてくれるのよ」と

哀れ玄奘の孕む受難にとりこまれてしまう。

玄奘の試練に、積極的に(!)加担する観音さまもこの因果をちゃんと受けるが

悟空に泣きつかれるのがその報いとするなら

もしかして、わざとなのかしら。


禍そのもの、難の体現

故に、仏を約束された存在でもある玄奘三蔵法師。

中国伝説上、いるだけで禍になる人間って、

玄奘か(天女だけど)魃かだと思うんですよ。

ずっと引っ掛かってるのに、未だ何ともできてない

そもそも関係ないモノ同士なので、どうこうなる問題じゃないが

何となく、これは重大な事なんじゃないかと悩ましい

読み手すらも取り込むか玄奘の難とは、いやはや。



…いや、この締め方は無いけどもw