読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

国丈は不気味な人

西遊記の話

69a8ea0b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道教は、生き方や命を説くというか見出す教えだと考えていて、

西遊記に登場する道士たちを、かなり自由に解釈して楽しんだもんです

しかし単純に生き方を見出すってのは割と難しい。

困ってる人が宗教に自分を見出すてのは現代でもある事だが、

西遊記の世界では、困るのレベルが違う

困ってるのが国王なもんだから、その一存で国民まで困る。


生き方は色々、人それぞれ

自然と共に生きようというのもいれば、人を食ってでも命を守ろうとするのもいる

比丘国王の寿命には美后の存在もからんでるが、死期を美后のせいにするなと。

美后と生きたくば1111の心臓を喰らえ、それくらい命に執着しろというのが

比丘国王に対する国丈の言い分、『生きる事に正直になれ』と。

ソニービーンみたいな食人鬼も、命を繋ぐ手段を見出した一例なのかもしれない。


得物の蟠竜拐杖は南極寿星の魔法の杖、

一介の鹿が怪物になるほどの魔力をもっていたに違いない。

ジャコウ鹿をモデルにしたが、角ないんだよねorz

牙は魔力に因るものって事にして、ドラキュラな感じに。

そのドラキュラに掛けて、比丘国王はヴラドツェペシュな顔にしたいなー

人物に関してはパロディが多いというか、ほとんど考えてなかったなぁ…

美后についてはまた別の機会にでも。