遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

アンタッチャブル

f:id:xiyouji674:20190513230902j:plain

謎シンバルと段袋を、布教・改宗のアイテムとしたならば

こいつは本当に恐ろしい敵だなと。

三蔵一行はじめ片っ端から捕らえる事に成功、ここに悟空すら含まれるのだから

その脅威は凄まじい。

黄眉大王は、本当に三蔵を捕らえて喰らう事が目的だったのだろうか?

こいつ原典で三蔵経の取得を代替わりするとか言ってなかったっけ…?

違ったかな…

ままま、それ言ってたのが黄眉だとしたら西遊記中トップクラスの敵なんじゃないか、

何しろ目的ごと、西遊記アイデンティティそのものを奪っちまおうとか

お前は悪魔か。

 

ただ、可能性としてはあり得る話じゃないかなとも。

大乗仏教が設立された時期と、インドにキリスト教が入って来た時期は

そこそこ一致、弥勒菩薩の誕生もその頃。

弥勒菩薩は次期如来の未来仏でキリストもまた神になる人物、これを接点にして

仮に黄眉にもその属性を付与してみる。

弥勒に逆らう者として黄眉を見た時、こいつはもしかして

キャラクタライズされたローマカトリックな可能性が、或いはあるんじゃないかナ、、、

とか何とかモゴモゴ妄想炸裂させた結果、今までで一番気に入る線が引けた。

 

信仰そのものを乗っ取ってやろうってのは大胆だが、キリスト教の人気ぶりからすれば

それも手段のひとつである上に、決して悪手ではない。

これらを無理矢理に線で繋いでみると、黄眉との戦いは

仏教とキリスト教道教が仲介した宗教戦争の立体化なのかも知れないなと

ひとりで勝手に戦慄した。

 

かなり前から黄眉大王はキリストに寄せたいなと思っていたが、

シンバルと段袋がそれを邪魔していたんだなぁ

いっその事それらを取払って、得物も茨の巻き付いたような狼牙棒から十字架に変更

磔にされたっぽい傷痕とヒビ、縄を追加してフード付きマントも衣装に加える。

場合によって翼も生やそう。

黄眉は、「イエスキリストはこうあってほしい」という願望から生まれた怪物、

色白で金髪に色づけすれば格好はつくだろうけども、

怪物には矛盾が必要だと思っているワケで、褐色にしてエーメン。

はろー

f:id:xiyouji674:20181103220113j:plain

結局もごもごしている間にハロウィンも終ってしもうたー

ウチの悪魔っぽい万聖竜王と魔女+メイドな万聖公主(鉄扇公主的なノリでの竜婆)を

このハロウィンに乗せたく、こうじゃないああじゃないと描いてみると

金光寺ネタがちらほら湧いて来てトキメク。

 

祭賽国、金光寺…金の光を放つ宝

この金の光が、金属経由で放たれる不可視光線か何かだとして

例えばそれは電気とか電波だとしてみる…みよう

で、電波時計とかの要領でオートマータな国民性とかどうかな。

 

…ネタがあってもカタチにできなくちゃ無意味なんだけども

四十路尽きるまでになんとかしておきたいんだななな

雑記

f:id:xiyouji674:20181008224410j:plain

 

また10月だなぁ

イラストのアイデアがちっともでてこないんで

去年ボツにした獅駝王でお茶をにごしてみようかな

そういえば動物系キャラの眉でちょっと迷うようになってしまった

描き入れるべきか、すべきでないか

とりあえず入れる方向にして…おこう

表情に関して眉の情報量は個性を左右するくらいに多くて

迷い始めたらドツボに…(ヽ´ω`)

 

今年は肩を落とす事ばかりだなぁ、、、諸行無常ケセラセラ

西梁女国の影 3

f:id:xiyouji674:20180615225443j:plain

まずは希望とかでなく顔を上げて光を浴びろ

影は、抱えるよりも背負うモノであるべきかなと。

自分で自分を縛って前へ進めないってのは惨めなもんだ

西梁女国の件は自分で妄想しといてアレだけど何つーかツライですな!

自身を縛っていたモノはもうとっくに解けているのに

わざわざ自ら絡まりにいってる、なんてのはよくある話だろうが

見えざる所で少しでも関わっていたいという気持ちは

解らないでもない。

 

ここは如意真仙に〆ておこう、この件で説得力ある主張ができるのは彼だけだ。

イチニのサンで前を向け〜と来らぁ〜

 

西梁女国の影 2

f:id:xiyouji674:20180307230742j:plain

女蠍怪てのもまた適当な当て字で、自分向けのメモみたいな感ががが

でもウチのサソリ精はこれでいいかな

できれば呼び名も無く消滅してく、それこそ影のような雰囲気で。

消滅…いや、「忘れられてく」と表現したい

マリーローランサンの詩のような哀しい女に。

 

ふとした時、思い出に棲む情人の影が射す…

こいつが意外と堪えるもんで、若い盛りにゃ苦悩したもんです

女子方からそんな思いをした話を聞いた事は無いが

男衆の間ではそういう話が割とあるんですよ

このサソリ精は、そういった思い出の怪物だ。

 

もごもご描いてみてだいぶ雰囲気は掴めてきたっぽい

目も鼻も耳もいらない、唇だけでいい。

目は口ほどにモノを言う由、唇だけなら色も匂わせて相づちもうてよう

また、色気の多くは唇に依るものではないワケで

飽くまでそれはジェンダーのサイン、色気を求めるにしては軽薄だなぁと。

 

記憶と心に棲む女怪、その正体は未練と後悔だ。

その国自体が幻であったかのような後味の悪さときたら

こいつぁ煩悩すぎるぜ〜

西梁女国の影

f:id:xiyouji674:20180220222515j:plain

いちオッサンが西梁女国をぼんやりと思えば

そこはご機嫌でウハウハなハーレムな国だろうやと。

でもちょっと違うんだよなぁ、そこには桃源郷のようなムードは無くて

男が必要とされない世界…

男という漢字そのものが「田の力」なんて労働の象徴にまで見えてきちまう

これは悔しさや哀しさとは違う、虚しさだ。

 

如意真神に死の色を感じて、死神モチーフにした事からの流れでか

西梁女国やサソリ精もその流れにのる。

「死」とは言い得て妙で、なんというか異世界というか陰性を想わされて

そこはヴァルハラのような土地なんかなとも。

西梁女国から漂うこの陰性は何か…

これという答えは出ないんだけども、なんというか闇を感じるんだなぁ

嫉妬やひがみでなく、これが得体の知れなさからだという事だけは解る。

 

如意真仙と西梁女国をひっくるめてイメージしたのは

オーディンワルキューレ達だったもんで、サソリ精にもそのエッセンスを投入

鋏類節足動物で足が8本ならばこいつはスレイプニル

死を想起させるモチーフで西梁女国の裏ボスに相応しい。

でも最終的にはサソリにしてやらねばなぁ(汗

 

サソリ精は描いた試しのない描き方にしたいなと。

もう影のまんまというか視認しづらいモヤというか

真っ黒い煙みたいな塊ないし集合体のような、それでいてシャープな感じに…

でもどう描いたもんかなぁ、それをなんとなく描いたらこうなった。

きんぎょ

f:id:xiyouji674:20171125214731j:plain

南無大慈大悲救苦救難広大霊感からきてるワケではなかった霊感大王。

半魚人にしてみた時期もあったけど、納得いかずに放置してた折

ブリキ製の金魚が納屋からでてきた。

ちょっと遊んで落書き始めたらなんとなく描けそうだったので

カタチにしたのが4〜5年前、先頃骨折で家に缶詰になった事を機と

お絵描き。

ブリキのきんぎょは子供の玩具なだけあって目に鮮やか、

こんな色も使っていいんだなと解らされた。

霊感大王を描くべくホームセンターのアクアリウムコーナーに通ったのが

見当違いだったようで、何からピンとくるかわからなすぎた。

 

たなご姫に人魚をあてがい、霊感大王は半魚人にうまく収まったかな

ただのサカナじゃなくてキンギョってとこがいいやね

派手に体毛もつけてやろう。

www.pixiv.net

白虎嶺の女王

f:id:xiyouji674:20171119160147j:plain

西遊記を特撮番組、スーパー戦隊的なニュアンスでとらえて考える。

例えば、白虎嶺と宝象国ではゴレンジャーがジャッカーへ移り変わるのと同じように

テーマやコンセプトが変わってくのだと。

まままその話はちょっと置いといて、白骨精の話を。

 

妖怪が人を喰う攫うに於いて補食側にリスクは無く、

これも飽食の類いなんだろうなと感じる。

白骨精も不老長寿を求めて三蔵法師を襲うワケだけども

その、方法が何ともサイボーグ的というか人造人間的というか

何となく科学的なニュアンスが漂っちゃいませんかなと。

劇中でも「80のばあさんに18の娘を産めるワケねーだろ」という場面から、

これサイボーグなら可能じゃないかと。

サイボーグが、全くのゼロから作るものでなく

何かを芯として肉付けする方向の技術である事がミソで、

また、解屍法の仕組みを簡易的な操縦と仮づけして溜飲をさげたい。

というかそっちに寄せて行けねーかな

 

それから、背骨の型番と性別。

所在と名前だけだけども、仮に型番として!

ちょっと脱線するんだけども、三国志貂蝉

彼女はサイボーグだみたいな話を読んだ事があって、

これはフランケンシュタイン的なノリだった気がするんだけども

ちょっと面白いなと。

で白骨精の話に戻るんだけど、これたぶんどっかに黒幕がいるんじゃないかな

サイボーグ話として続かなくても、その技術がパワーアップないし

別解釈で向上した人造的な命を作り出そうとしてる創造主が。

 

もし不老長寿を白骨精自身が求めたものでなく、そのようにプログラムされたとして

彼女が倒された後もそれを研究している黒幕が白虎嶺以降に登場する可能性…

子供の生き肝を喰らえとか?

なんでも繋げてしまうのは野暮かもな〜とも思える昨今よ。

www.pixiv.net

タブー

f:id:xiyouji674:20171116124853j:plain

その手勢と凶悪さでは劇中屈指の呼び声も高い獅駝国三妖

彼らは「大王」としか表現できない何かのタブーなんじゃないかなーと。

それが何であるのかはまだ納得できる所が無いけども、

なんとなくイメージはできなくもないかなと。

何か掴みかけてるような気もする…んだけどもー

 

キャラクタのテーマは童話に出てくるような王様とお妃様で

普賢菩薩の乗騎である白象は女の子にしてみる。

で、彼らは子供なんですよ。

子供は、衝動に捕らわれてそれに勝てない事がままあるもんで

それを持ったまま加減しない力や感情を発揮したら…どうかなと。

ままま、画的には絵本みたいなファニーな雰囲気に描けたらいいな〜

 

www.pixiv.net