読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

武器ブローカーっぽい人

f:id:xiyouji674:20170424221105j:plain

 

独角ジ大王のことをもごもご

あの『ジ』って漢字には犀を意味するところがある、あったとかで

香油好きの犀たちと区別つけるべく保留にしてだいぶ経ったなと。

昔のメモや落書きを見返すと使えそうなのがいたので採用、

エラスモテリウムを持ち出してギャングの親玉な雰囲気をめざしつつ

キングピンっぽく近づけてみようかなーとガシガシ描いてみると、

なかなか理想に近づいて来たのでそろそろカタチにしてみたい所。

 

あのスゲー太い曲線的な葉巻を噛みながら、高く取引してやるからなーとか

そんな事を言わせてみようかな

葉巻なんか無いだろうけどもその辺りは演出と割り切りつつ。

 

件のエラスモテリウムもだけども

太古の生物は使いたくても落としどころがこう…難しいワケで

物語からの目線でなく、もう完全に自分の好みからのアプローチで

無理矢理ねじこんでいくしかねぇな!

それでも物語の性質にそぐわないなら納得もできなかろう、

なんというかジレンマ…

『角があって体もデカい、牛と呼んで差し支えなかろ。』

とか老君にフォローしてもらおう。

氷の女王

f:id:xiyouji674:20170225001230j:plain

悟空破門の衝撃もさることながら、白骨精の地味さたるや。

白虎嶺が雪山かどうかは置いといて

なんとなく雪山じゃなかろうかという印象があって、

ウチの白骨精には雪の女王になってもらった。

『永久凍土の白虎嶺!白骨夫人は氷の女王!』とか煽ってくよ!

 

キャラクタのテーマや衣装のコンセプトを思案する時のルールとして

やりすぎなくらいの連想ゲームをこなすんですよ、

なるべく間違えた方向に結果を求める事で、自分のやりたい事を見出したく…

えらく回りくどいやり方なもんで億劫な場合もあるけども

道草しながら好きな事やるのは具合がいい。

 

骨が化石になって、鉱石にまでなったらロマンあるなーと

アメジストな雰囲気をボディスーツでセクシャルに、

悪の組織の女幹部みたいなのを意識してみる。

…あれ、なんか強そうだぞ!

鉄棒で粉砕するには惜しいナー、いや木っ端みじんになってこそ悪役

粉々になってもらおうじゃないか。

「行き倒れた女が彊尸となり、白虎嶺で霊力を得たか。

  永久凍土の氷に倣い水晶の骨ともなりゃ、オトコのひとり落としたくもならァ」

とかそんな溜め息のひとつももらしてやろう。

子守り狼

f:id:xiyouji674:20170108132017j:plain

 

左遷させるって?じゃぁ弼馬褞なんてどうだ?と悟空に脅されつつ

太上老君とこでお手伝い…主に子守りな奎木星

復帰に備えて愛刀も打ち直し、チビたちは懐いた模様。

そういえば金銀童子は久しぶりに描いた

衣装忘れてるなななと投下。

 

口の悪い老君にはワンコロ呼ばわりされるも、

チビたちの悪戯からはそこそこ守られて居心地はそう悪くなかろう

 

 

www.pixiv.net

あけてもうた

f:id:xiyouji674:20170104025407j:plain

 

さんざん考えてラフ描き直してを繰り返したあげくに間に合わず…

それほど思い入れのない酉年なんかすぐ描けた

あれもこれもとよくばりすぎたんだろうなーと猛省

 

声で敵倒すとか昴日星かっこ良すぎ

ここはヴォーカリストよりレスラーの方がいいなぁと

マスクのデザインは餓狼伝説のライデンがモデル

マスクレスラーはもう無条件でかっこいい!

亢金星も角木星もそのうち描こう、二十八宿全員は無謀にしても…て

あれまた脱線ですかこれは。

 

www.pixiv.net

年の瀬

f:id:xiyouji674:20161231094438j:plain

 

干支イラストは結局描けんかったなぁ

テーマとかが気に入らないと描き出せないってのは困った

脱線につぐ脱線で気がちった1年だったなと。

 

しかし私は八戒好きなんだなぁ…

ある密かな恋

f:id:xiyouji674:20161218205235j:plain

 

黄袍怪と八戒との関係は、女がらみで地上に落ちること以外に
その女が、別の時間軸にある同じ人物でありそうな事にも因果を持つわけで
これがちょっとイイんですよ

黄袍怪の、奎木星への復帰を八戒に嘆願させたなら
八戒の三枚目としての男気が見え隠れするんじゃないかな!
こいつらに酒呑ませたら案外いい関係になるかもしれない、
黄袍怪はくだまいて、八戒はそれを聞く役だろう。

 

www.pixiv.net

ユリ

f:id:xiyouji674:20161217225610j:plain

 

最近、絶愛を読み返す機会があった 。
時代を感じる反面、自身がそれらメディアと離れて長いなとも。
今も昔も同性愛系の話はあるだろうが、もどかしさの種類が
男女のそれとは違うんだなと気づかされる。

 

倫理に因るか本能に因るかだけでなく、
前者のそれは、不完全に結ばれる関係にある事に意味があるらしく
不完全だからこそ、プラトニックだ。
プラトニックは、失う事の方が多い
それを悲劇性にして加味しているんだとして、多くのBL、GLを語るには浅いが
言いたい事はまま解るかなと。


百合は根が深いなぁ…
あれだ、可愛らしい女の子同士でないと成立しないっぽい
ネコとタチとはちょいと違うようで難儀するぞこれは。

…しかしこういう短い台詞で畳み掛けるのには弱い、

ラブプラスの寧々さんはマジでやばかった。

自分で描いたの見返してみるとそんなでもない上、

玉竜に変な属性ついたように見えてしまう

もっと純な雰囲気にしたいんだけども…これはこれでいいかな。

好きよ

f:id:xiyouji674:20161212001034j:plain

それはもう愛してるんじゃないかというほどに好きでも、
それ以上は想い慕ってはいけないと。
報われない想いは、傍目には切なく美しく映るかもしれないが
本人にしてみればそりゃもう苦しいワケですよ
あらゆる手段でその想いを誤摩化し続けても、募りすぎたその想いの波は突然
それらを一瞬で呑み込んで、心を丸裸にしてしまう。

…その波の深さよ、その息苦しさよ。

言葉にしてしまえば、もう想いを抑えられない。
だからといって誤摩化しきれもしない。
そんな惨めな想いを抱えてもまだ、それ以上
愛してはならないと心に杭を打つ事に何の意味があろうか。
「愛している」と絞り出した言葉には、慕う気持ちだけではなく
そういった苦しみも惨めさもすべて含まれているのだろう。

 

…とか何とか思ってるうちにキマシ展開になってた玉竜と万聖

まぁ、万聖竜女が男前に描けてしまったのが原因かなこりゃ

ハロウィン

f:id:xiyouji674:20161022232517j:plain

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=59571300

 

ハロウィン好きなんですよ

アーティストのHELLOWEENを知ってから、イベントの事を知ったクチで

未だにハロウィンイベントを把握できていない上に

毎年イベントイラストを描ければいいなーと思いつつ、

結果あまり描けてないのがまたアレなんですけどもーももも

 

国丈を描いてより、比丘国編は吸血鬼っぽい雰囲気にしたいなーと

もごもご思案していれば美后を女吸血鬼にしたくなるのは必然、カナー…

女吸血鬼といえばカーミラ

当人の衣装なんかもそういう感じにしたいとこで、頑張って考える。

羽根つきコルセットにヒラヒラのスカートを真っ赤に、手袋もつけてやれ

比丘国王との房事ってのは、血にも精にもつながる事だろう。

 

イラストは手頃なキャラで八戒を囲うカタチになった。

企画段階ではテーマを同じく菩薩さま方で描いてみるも、オトコを囲って

ア〜ンと牙を覗かせた顔に背徳感がものすごくて中止!

イラストなんだから好きに描いていいと思うが、

画面の、あまりの罰当たり感に手が止まってしまった。

結果的に好適な雰囲気になってくれて良かった、

美后、鱖魚精、地湧夫人、ジョウガ、玉竜、万聖竜女で埋める。

こういう雰囲気に玉竜を入れる事に抵抗があるのか、

あまり馴染んでいないように見える…ひとりだけ唇が牙で切れた事に

引いてるのは、そういう所為かなと。

八戒に縁のあるジョウガは、一番"らしい"ポジションに置いておきたく。

 

さて今年も残す所ふた月もないぞー

干支イラストはどうしたんだ、手遅れになっても知らんぞー

鬼の管理職

f:id:xiyouji674:20161014201214j:plain

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=59393005

 

 

古い神社やお社を訪ねると稀に角のある狛犬に出会う事があって

こいつぁ神秘的だぜーと、その雰囲気に色を着けたのがこの諦聴。

また、五麟をねじ込みたいなーと聳孤を充てる。

それこそ中学時分に思いついたこの判断はあまり恥ずかしく思った事がなくて、

思いのほか気に入ってるみたいだ。

 

しかしバラエティに富む西遊記は一生楽しめるなぁと改めて思う昨今、

色んな事柄に妥協できる年齢になった事も相まってか

考え込む事が少なくなった。

それに納得ができるかどうかは別とも思いながら

割り切って取捨選択にのぞめる事を心地よく感じるのですよ、

これから先もまた楽しみだなぁ。