読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

A L I E N 3

○○の話
75c5cf40.jpg

話が大気圏外まで脱線してしまったので、ちょっと方向を替えようかと

シンクロニシティぽい話を。


シンクロニシティとは何かを詳しくは知らないものの、

偶然の一致みたいなのは何度か体験してるんですよ

それが日常的な出来事だったり、創作活動上であったり思考であったりと

ことイラストなんかだと割と出くわすもので、

その時の感情はといえば何というか「それ俺が考えてたのに!!」と。


何でか解らない、理解すべくもない出来事とか

そういう種類の不気味さとか恐怖とかあるじゃないですか

西遊記にもニセ悟空として六耳ビコウが登場、でもそこには法則がある

「法則がある」、それだけで何となく安心できて心強い

でも九頭蟲はもっと不気味で不安でおぞましいモノ、

教えて説くにも蟲の耳には届かない、それとは意思の疎通すらできなくて

敵意と恐怖と命がむき出しで敵前に放り出されるとか

そんなのと対峙する事自体が無意味で、何かしらの心の具象化として扱いたく

アートマやら宇宙やらと混ぜた。


全く繋がりが無くて極端に違う人生にある2人が、

ある日偶然その場に居合わせると、見分けが付かないほど似てるとか

すごく不安で不思議で、心がゆらぐ。

腑に落ちない、まっさらに出来ない、心に張り付いた手油のような

ふとして鼓動がだんだん早くなるような恐怖感

そういう「法則の外の存在」として、九頭附馬と悟浄を似せた。

…得物が同じって事と、九頭(悟浄の髑髏ネックレス)だからってのが

イデアの出所なんですけどね。


蟲のお話は次回でおしまい。