遊々記

pixivのキャプション代わりとか個人的なアレとか

四不象・1

blog31

怪物と戦う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。
君が長らく深淵を覗くならば、深淵もまた等しく君をみているのだ。(ニーチェ)

偽者に定義は無い。見せかけの姿を定義とするならば、

それは自身にも還ってきかねないのだから…とか詩的な事をうそぶきつつ、

六耳ミコウの話。


どんな作品でも、ニセモノの登場には胸躍るもので

例えば主人公のニセモノ、ボスのニセモノ、かつての仲間のニセモノ

はたまた、同一人物が別人を演じるニセモノなんてのもあるもので、

ニセモノの活躍(?)は多岐にわたり、また、

その中身も、噛ませキャラクタから強烈なキャラクタ、第三因子まで

なかなか達者なポジションじゃないかと。


ここからは創作的な話になるけども、

六耳ミコウは四猴混世、五仙五類に属さない存在で、

それらのどこにも属さず、どれもを持つ蟲の話とは

ちょいと異なるんじゃないかな〜とか思うんですよ。

六耳ミコウは、精神的な定義のある存在で、蟲はそういうモノが無い。

"やり場の無い感情の行き場"のような、

妖怪変化や異形、蟲とも全く異質なモノであると。

そこで四不象の登場ってワケだ。


続く。